繊維ニュース

技術の眼

2022年03月02日 (水曜日)

 「技術の眼~NEW WAVE GENERATING TECHNOLOGY~」では将来的にニューウェーブを巻き起こしうる重要な技術にスポットを当て、紹介する。

〈YKK/金属の重厚感と樹脂の軽さ〉

 YKKの「メタルックス」シリーズは、金属ファスナーのような重厚感・高級感を持ちながら、樹脂製ならではの軽量さを兼ね備えたビスロンファスナー。スポーツやカジュアル向けとして高い注目を集めてきた。

 「メタルックスタフ」は同シリーズの高強度タイプで、軽さと耐腐食性に強さと高級感を加えた〝ハイブリッド〟商品として生まれた。同商品のために開発した高強度エレメント(務歯)は、軽量でありながら金属の質感を表現する。

 開製品はスポーツウエアにとどまらず、ハードに使用されながらカジュアル化が進むユニフォームにも提案を広げている。

 さらにアパレルのアイテムに向けても販路を開拓するため、逆開仕様の販売も開始した。

〈伊藤忠、YKKイタリア、アクアフィル/再生ナイロンの服飾資材〉

 伊藤忠商事は、YKKイタリアとその姉妹会社、イタリアアクアフィルと共同で、アクアフィルの再生ナイロンを原料にした再生ファスナーと再生ボタンを開発した。23春夏シーズンに向けて、3月から欧州ファッションブランド市場を中心に販売を開始する。

 伊藤忠商事は2021年2月、再生ナイロンブランド「エコニール」を展開するアクアフィルとのナイロン循環リサイクル事業拡大に関する提携を発表した。以来、廃ナイロンの回収と最終製品の販売拡大や新規開発に取り組んできた。

 今回はYKKも加えた3社が、再生ナイロンを原材料にした服飾資材を開発することで合意。YKKの環境配慮型商品「ナチュロン」シリーズの一環として、エコニールを使用した「ナチュロン・メード・ウィズ・エコニール」の販売を決めた。デザイン性や品質を維持した上でリサイクルも実現できる特徴を打ち出す。

〈松村/洗える新絹紡糸〉

 シルク専門商社の松村(京都市)はこのほど、ウオッシャブル加工を施した絹紡糸「クオン」を開発した。セーターなど向けに提案する。

 シルクは水を含んだ状態の摩擦に弱いため、シルク製品を洗濯機で洗うと毛羽立ち、光沢や柔らかさが損なわれる。シルクのフィブロイン(タンパク質)がダメージを受けて繊維の断裂が起こるためだ。

 新開発のクオンは糸の段階でフィブロイン内部の弱い部分に独自の架橋剤を反応させ、分子構造を変質。これによりシルクの風合いや保温・保湿性を維持しながら、繰り返し洗濯しても劣化を抑えるという。

 ウオッシャブル絹紡糸をこれまでも販売していたが、新たに糸染め加工場と共同で洗濯耐久性をさらに向上させ、品質も安定化できるクオンを開発した。

 同社によると、120番双の染め糸の洗濯堅ろう度(JIS―L0844)は変退色5級、汚染4~5級。

〈錦之堂インターナショナル/マットレスに“支点”〉

 ベッド・マットレス製造の錦之堂インターナショナル(岐阜県大垣市)は、快適な寝姿勢の保持とスムーズな寝返りを両立させたマットレス「ソエル」を開発した。

 人は寝返りを打つことで、睡眠中の血流の悪化や筋肉の硬直を和らげる。その際、体重の重い部位は敷寝具に沈む一方、軽い部位は沈み込みが少ないため快適な寝姿勢保持が難しく、寝返りに多くの筋力が必要になる。

 そこでマットレスに体を支える“支点”を作り出した。六角形を2枚つないだ形状のパッドを重い頭・腰・足に添えることで、重みを周囲に分散しながら、力が逃げないように沈み込みを抑える。これが支点となり寝姿勢を維持しながら、より少ない力で無理のない寝返りが打てるようになる。

 パッドには、防湿・抗菌・保温性などを備えた再生可能な素材を採用。軽く衝撃吸収性、復元性、耐久性も高い。体の沈み込みを押さえる15ミリ厚、体全体を適度な力で支える10ミリ厚がある。

〈豊島「ワメグリ」/服の国内循環システム〉

 豊島は、服の国内循環の確立を目指すプロジェクト「WAMEGURI」(ワメグリ)を立ち上げた。ペットボトル、コットン、ウール、ダウンの4素材について、回収から紡績までの全工程を国内で実施するリサイクルシステムを構築し、新たな製品に生まれ変わらせる。ジャパンサステナブルファッションアライアンス(JSFA)の会員企業として、〝ファッションロスゼロ〟に向けた取り組みを推進する。

 ワメグリでは、廃棄された服を資源として分別した上で回収すれば、糸や羽毛に再生できることを消費者に向けても呼び掛けていく。リサイクルの代表的な4素材にとどまらず、日常生活で出されるさまざまな不要品が循環するシステム作りにも取り組む。

 同社はJSFAが2021年に発足した時から会員を務める。このことを打ち出しながら、リサイクルに協力するブランドなどを募り、サステイナブル・ファッションの普及活動の輪を広げる。

〈ワコール/胸の大きな人のためのシャツ〉

 ワコールは、胸の大きな人の悩みに応えるシャツを商品化した。体を3次元で捉えた立体的なパターンを採用し、胸元にゆとりを持たせてすっきりと奇麗に見せる。プリンセスラインやストレートラインシャツなどをそろえ、ワコールウェブストア限定で販売する。

 胸の大きな人にとってシャツは「バストに合わせると他の部分がぶかぶかになってしまう」「ウエストなどに合わせると胸が強調される」といった問題が起こる。こうしたサイズに関する悩みの解決を目指したのが新商品の「大きな胸をスッキリ見せるシャツ」だ。

 ファッションブランド「sakayori.」「g.」を展開する坂寄順子氏をデザイナーに迎え、シンプルなシャツにニュアンスのあるシルエットを加えた。パターンは、ドイツのミューラー理論(立体造形論)を研究している本橋奈枝子氏と坂寄氏が共同で作成した設計を採用している。