繊維ニュース

伊藤忠システックと伊藤忠マシンテクノス/4月1日付で合併/社名は「伊藤忠マシンテクノス」

2022年02月15日 (火曜日)

 伊藤忠システックと伊藤忠マシンテクノスは、4月1日付で、伊藤忠マシンテクノスを存続会社として合併する。両社の経営資源を結集し、ビジネス領域・対面業界を拡大する狙いで、社名は伊藤忠マシンテクノスとなる。伊藤忠システックの業務は従来通り継続する。

 伊藤忠マシンテクノスは中国、米国、メキシコに海外拠点を持ち、伊藤忠グループのネットワークを生かして、工作機械、食品・医薬品機械、製紙・プラスチック・電子半導体関連機械、環境・リサイクル関連機械などの販売や保守、プラント・エンジニアリングサービスを展開している。2021年3月期は売上高314億円だった。

 伊藤忠システックは繊維機械、不織布機械、プラスチックや2次電池・電子半導体分野における産業機械の販売・保守・技術サービスを手掛ける。中国、台湾、パキスタンに海外拠点があり、21年3月期は売上高149億円だった。