繊維ニュース

伊藤忠/中国訪日団迎え講演会/TGCCの8社約20人

2018年10月30日 (火曜日)

 伊藤忠商事繊維カンパニーは26日、中華全国工商業聯合会紡織服装業商会(略称TGCC)の会員企業8社約20人を迎え、東京本社(東京都港区)で講演会を開いた。その中で小関秀一専務執行役員繊維カンパニープレジデントが「伊藤忠商事のこれまでと今後」を演題に講演し、160年の歩みやバブル経済崩壊後の危機をどう乗り越え、変革したかを説明した。

 TGCCは、中国の紡織、染色加工、アパレル、ホームテキスタイルなどの民営企業で構成する。今回の訪日団はTGCC会長で、伊藤忠と提携する波司登国際控股董事局主席の高徳康氏が団長を努め、ホームテキスタイルやアパレル企業の幹部が参加した。