繊維ニュース

ITOCHU SDGs STUDIO/「自分らしく着る」写真展/レスリー・キー氏が撮影

2022年02月21日 (月曜日)

 伊藤忠商事が運営するITOCHU SDGs STUDIO(東京都港区)で開催中の「未来の試着室」展では、写真家のレスリー・キー氏が一般の人たちを撮影した作品を展示する企画「mirai snap」(ミライ・スナップ)が始まった。事前の公募で集まった30組が、写真を通じて「自分らしいファッション」を表現している。同展が閉幕する27日までミライ・スナップの展示を行う。

 未来の試着室は、衣服・ファッションをテーマにした体験型展示で、SDGs(持続可能な開発目標)の観点を踏まえながら、体験をもって商品や素材について理解を深めてもらう。国連広報センターとSDGsの啓発に取り組むキー氏が同展の趣旨に賛同し、今回の企画が実現した。

 モデルを務めた人たちが撮影時に着用した服には「美しい海を着たい」「母からの愛情を着たい」などの願いが込められている。

 入館料無料。開館時間は午前11時から午後6時まで。21日は休館日。